FOWを遊ぶ鳥籠

--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.09 01:13|カテゴリ:TCGコメント(0)

FOW四弾限定でデッキを組んでみる・『赤ずきん』編




前回と同様FOW四弾『赤い月の童話』のカードプールに限定して、デッキを作っていきます


今回ランダムにダイスで決まったルーラーはこちら


【赤ずきんちゃん】

3faaaaf0.jpg

【J条件】⓪ この能力はあなたが月を場に出したターンにしか使用できない。



ジャッジメント後はこちら
【狼少女 赤ずきん】
d1eacdcb.jpg

【迅速】
【参戦】対象のリゾネイターに800点のダメージを与える。
【常時】このカードはあなたのターン終了時にルーラーに戻る。




非常に攻撃的なルーラーです。ジャッジメント後にすぐ攻撃に移ることが出来、なおかつ【参戦】で800のダメージを相手のリゾネイター一体に与えます
エンドフェイズに変身が解けてルーラーに戻ってしまうのが難点ですが、DEFが低いのでかえってやられにくい分いいのかもしれません

ジャッジメント条件が『月』を場に出したターンなので、必然的にこのルーラーを使うデッキには『月』を入れることになります


現状存在している月は二種類で赤の【血染めの月】、青の【青ざめた月】があります
両方を使うことも出来るのですが、今回は初心者にも扱いやすい『単色デッキ』にしようということで【血染めの月】だけを使っていくことにします

【血染めの月】

cefd6f8b.jpg


【常時】あなたのコントロールするすべての人狼を【+200/+200】する。
【条件】このカードを破棄 対象の特殊魔石1つを破壊する。




この【血染めの月】は『人狼』をサポートしてくれるカードです。これを使う以上はデッキの主軸を人狼に据えるのが自然でしょう

四弾に収録されている人狼は以下の四種です

【黒い森の狼憑き】
a9b72fbf.jpg

【月下の襲撃者】
01bebaef.jpg

【真月のルーガルー】
0c718a84.jpg

【狼の統率者】
ce5ffcc8.jpg


注目すべきは【真月のルーガルー】です。これが居ると自軍の『人狼』は全て出したターンに攻撃が出来、なおかつ人狼が攻撃を行うたびに相手にバーンダメージが入ります
『人狼』を主体にした構築ならこれは出来る限り入れるべきカードです。迷わず四枚入れましょう

【狼の統率者】は少しコストが重いですが、900という中級にしては十分な打点と【参戦】効果で相手のリゾネイターを一体焼く効果を持っています
少なくとも400のダメージ、恐らくこれが出るころには1、2体の人狼が並んでいることが想定できるのでDEF1000程度のリゾネイターなら簡単に焼くことが出来るはずです

少し人狼だけだとリゾネイターが薄いので、他の優秀なリゾネイターを採用することにします
この手のデッキで一ターン目に行動が出来ないのは痛手ですので【黒い森の猟師】を3、4枚ほど入れましょう
【黒い森の猟師】
857ad444.jpg

さらに、2コスト帯が【月下の襲撃者】だけだと頼りないので【七人の小人】を投入
(【殺意の雪だるま】も強力ですが、このデッキの性質上1→2→3の魔石リズムを崩せないため2ターン目に出せるカードではなく。それ以降も優先して使うことが少ないので採用は見送ります)

【七人の小人】
E-CMF-035.png

【常時】あなたが攻撃するカードを選ぶとき、可能ならばこのカードで攻撃しなければならない。




少し面白いリゾネイターとして【暖炉のおばあちゃん】があります

【暖炉のおばあちゃん】
af526207.jpg

【常時】場に人狼が出るたび、ターン終了時までこのカードのATKとDEF入れ替える。



このカードは人狼が場に出るたびにエンドフェイズまでステータスが攻守逆転するという変わった能力です
人狼の多いデッキなので、おばあちゃんが殴れるタイミングで人狼を出してあげれば一気に1200ものダメージをたたき出すことが出来ます
当然DEFが低くなるため死にやすくもなりますが、そこは上手く立ち回りましょう




このデッキ、というよりは【狼少女 赤ずきん】の弱点として知っておかなければならないのは『相手のJルーラー』の対処です

【参戦】効果がリゾネイターにのみ作用するものである以上、戦闘の行えるJルーラーのような存在は苦手です
今回は四弾限定構築を想定しているので、四弾で苦手になるであろうルーラーをピックアップして対処を紹介します



まずは【憎しみの炎ジャンヌ・ダルク】。効果で困ることは無いのですが普通にステータスが1200/1200と高く普通に戦闘をすれば相討ちにされてしまうカードです

3e42173e.jpg


相手が場にこのカードを出した場合、リゾネイターでの戦闘で【憎しみの炎ジャンヌ・ダルク】を倒しましょう
簡単なのは【毒りんご】を用いた方法。これならこのデッキに入っている殆どのリゾネイターで相討ちを取りに行けます
これが一番リスクが少なくリゾネイターの消費も一体で済むのでいいでしょう

【毒りんご】
E-CMF-031.png

対象のあなたのリゾネイター1体をターン終了時まで【+1000/+0】する。ターン終了時に、そのリゾネイターを破壊する





次は【魔人ドラキュラ】。ステータスは標準的ですが、【不滅】というシンボルスキルが少々厄介です
ドラキュラ

これに関してはこのカードのジャッジメント条件を逆手に取りましょう
そもそも相手は吸血鬼のリゾネイターをコントロールしている状況でないといけないため、相手の吸血鬼のリゾネイターを潰していけばジャッジメントはし難くなるはずです
それでもジャッジメントされてしまうことはあるので、その場合は落ち着いてリゾネイターで戦うようにしましょう
不滅とはいえ一度はルーラーに戻ってしまうので、その隙にジャッジメントすればいいという話でもあります



最後は【血染めのスノーホワイト】。ステータスの高さもさることながら、【条件】効果で自身をレストしてこちらのJルーラーやリゾネイターをレストしてくる効果を持っています

【血染めのスノーホワイト】
>1896968_836975052994031_3047868018349738085_n.jpg

【指定攻撃】
【条件】このカードをレスト 対象のJ/リゾネイター1体をレストする。
【条件】フリーコスト1ウィルを支払う 「毒りんご」1枚を捨てる 対象のリゾネイター1体を破壊する。


1300/1300と、そもそも【狼少女 赤ずきん】では【血染めの月】などのステータス強化がなければ一方的に倒されてしまう数値で非常に分が悪いです
さらにレストされてこちらの盤面を崩され始めるともう終わりです。早々に対処しなければならないでしょう
しかしここでも【毒りんご】が役に立ちます。DEF1300ならほぼどんなリゾネイターでも毒りんごと共に返り討ちに出来るでしょう
怖いのは【血染めのスノーホワイト】のもう一つの【条件効果】で【毒りんご】を犠牲にこちらの強化されたリゾネイターを除去されてしまうことです
この場合どうしようもなくなるので、相手の使用した【毒りんご】の枚数と相手の起きている魔石の数、手札枚数を見て状況判断をしていきましょう
最悪二体のリゾネイターで攻撃して破壊するくらいでも、このカードに対しては仕方ないと考えていきましょう
どうにかして倒さなければいけないJルーラーです


以上のことを踏まえて組まれたデッキがこちらです




『赤ずきんちゃん』デッキ

※左の数字は枚数です
【メインデッキ】40枚



3 黒い森の猟師
4 黒い森の狼憑き
4 月下の襲撃者
4 七人の小人
4 真月のルーガルー
3 狼の統率者
2 暖炉のおばあちゃん

4 毒りんご
4 天雷
4 浄化の炎

4 血染めの月


【魔石デッキ】20枚

20 炎の魔石




凄く単純なデッキです

普通にリゾネイターを並べて殴り、隙を見て月を立ててジャッジメントしていきます
上の方で紹介しなかった【天雷】【浄化の炎】ですが、これはバーンカードです

【天雷】
edd4ac6a.jpg


対象のプレイヤーかJ/リゾネイター1体に500点のダメージを与える。



【浄化の炎】
8193681d.jpg


次の中から1つを選ぶ。もし、あなたのルーラーが「名も無き少女」か、Jルーラーが「憎しみの炎、ジャンヌ・ダルク」なら、代わりに最大2つまで選ぶ。
・対象のプレイヤー1人に700点のダメージを与える。
・対象の人間1体に1000点のダメージを与える。



単純にダメージ効率のいいカードで、Jルーラーさえも対象に取れる点が優秀です
ミラー対戦の際に【天雷】は相手の赤ずきんを一枚で倒してくれますし、【浄化の炎】も【血染めのスノーホワイト】【憎しみの炎 ジャンヌ・ダルク】を対象に取ることが出来ます

普通に相手に直接ダメージを与える方法で使っても、それによって相手の選択肢を狭めることが出来る点で強いカードです
赤を使うデッキならば4枚ずつ投入したいところです


このデッキは非常に単純ですが、それ故に一度状況判断をミスすると大きな失敗につながります
自分の出来ることが限られている分、恐らく初心者でも相手の手札、魔石、リゾネイター等に気を配る余裕が出来るはずです
その余裕を武器にして相手の動きを読み、適切な行動を選んでいきましょう

一応このデッキの強みは単色デッキ故の魔石事故の無さと、特殊魔石が存在しないことによる【血染めの月】の影響のなさです
相手が【血染めの月】を使ってきても魔石の破壊を心配しなくていいのはそれなりに優位に働くと思います


改造案ですが、慣れてきたら青を足して二色にしたりするのも全然ありだと思います
せっかくですからもう一つの【青ざめた月】を使うデッキを考えてもまたこのデッキと違って面白いですよ


とうとう発売間近にせまったFOW四弾、貴方の好きなルーラーと共に戦いましょう

ついでに宝樹の芽もゲットだぜ


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。