FOWを遊ぶ鳥籠

--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.24 21:55|カテゴリ:TCGコメント(0)

FOWの大会に行ってきました&使用デッキの紹介



つい先日9/23に、近所のファミリア吉田店様にてFOWの発売記念大会があったので参加してきました

とはいえ辺境の地新潟で参加者は中々いないもので、結局身内のToroさんと二人で対戦する形に

参加賞としてWP100とフルアート版【宝樹の芽】を一枚

勝った方にはWP500と【宝樹の芽】が追加で与えられます



『対戦内容』

試合形式はサイドボードなし25分一本勝負です

フォーマットはFOW四弾限定構築のビフレストルール

かなり直前まで使用デッキを迷っていたのですが、持っているデッキの中でも比較的安定力のある【白黒パンドラ】を使うことにしました

Toroさんの方の使用デッキは【緑黒エルフ】。ルーラーにはヘルシングさんが使われていました

マリガンの時点で手札に【絶望の螺旋】を二枚抱え込んでいるという神手札だったので、最速で一枚目を打ち込み相手のテンポを崩す形です

幸いにして先攻をとれたこともあり、緑デッキにおける最強カードの【絶対お菓子領域】を打てない状況で螺旋を打ち込むことに成功。手札から【絶対お菓子領域】含む二枚を落とします
返しのターンに【静寂の理】を打たれ、一ターン遅れますが【絶望の螺旋】で開いたアドバンテージ差があるので相手も攻め手に回れません

盤面を【灰かぶりのシンデレラ】で一気に処理し、残りの相手の手札も二枚目の【絶望の螺旋】で落とします

この時点で盤面的にも手札的にもアドバンテージが開いていたので、そのまま楽に押し切って勝利しました

デッキの相性もあったのと、初手の良さ、先攻を取れたこと、と運の要素で勝てた感はありますが一先ずは勝利出来たので満足。宝樹の芽も貰えて二度満足でした



それでは今回の使用デッキの紹介



パンドラ』

【ルーラー/Jルーラー】

匣の少女パンドラ/光のパンドラ
        か
匣の少女パンドラ/闇のパンドラ

【メインデッキ】(40枚)

(16枚)

4 希望のジュリエット
4 王子の教育係イソップ
3 王城ライトパレス
3 ジュリエットの夢
2 希望の光

(24枚)

4 絶望のロミオ
4 灰かぶりのシンデレラ
1 吸血鬼の参謀
4 死体王子
2 かぼちゃの魔女
4 シンデレラの靴
1 龍の首の珠
4 絶望の螺旋


DSC_0081.jpg


【魔石デッキ】(10枚)

4 破天の魔石
6 闇の魔石

DSC_0078.jpg







オーソドックスに【灰かぶりのシンデレラ】を軸に白黒でデッキを組みました

ロミオとジュリエットがそろえば黒のウィルがある限り無限にシンデレラの弾にすることが出来るので、これで盤面の解決を目指します

【死体王子】はシンデレラのサーチ先になるだけでなく、一枚手札にあるだけで場の持ち直しが効くのでそれなりに優秀です
コストはかかりますが、墓地と手札に一枚ずつ死体王子があればシンデレラの弾を無限に作ることも出来ます

シンデレラはその効果の性質上相手の除去に狙われやすいです。一番やられると損なのが【天雷】で、アドバンテージを微塵も取れないことになります
なので【王城ライトパレス】によるステータスの底上げや、【シンデレラの靴】によるパンプアップは重要です
二枚とも場に存在すれば【浄化の炎】にも焼かれなくなるのでかなり硬くなります

あと、四弾には全体除去が少ないのでジュリエットが場に存在するときは【王子の教育係イソップ】でも守ることが可能です

その他のカードについてですが

【絶望の螺旋】
パンドラデッキなら四枚入れない理由が無いカードです。早い段階で使えば想像以上のアドバンテージになります

【龍の首の珠】
シンデレラの靴を回収することで除去カードの使い回しが出来ます
しかしコストが軽いわけではないですので一枚で

【吸血鬼の参謀】
全体的にパワー不足になるのでダメージソース兼五枚目のシンデレラとして
ステータスの関係上シンデレラの靴を履くことが出来ます

【かぼちゃの魔女】
シンデレラでどうしてもダメージを通したい状況で役立ちます
死体王子一枚で状況を変えることが出来るパターンがそれなりにあったので採用しました

【ジュリエットの夢】
実は二人がそろっていなくても普通に使えるカードです
ましてやこのデッキではロミオとジュリエットがそれなりに揃うため、採用しない理由もないです
しかし四枚だとだぶつくのでここは三枚

【希望の光】
速攻デッキ対策です。主に赤単色の狼デッキには刺さります
枚数は二枚と少な目ですが、使いやすいようであれば増やしてもいいカードです

といった理由で投入されています


ルーラーの選択ですが、基本的には闇のパンドラが使いやすいかと思います
自分に影響がないというのもそうですが、メインデッキが盤面処理に向いているので手札を削る効果の方が噛み合っています
とはいえ光のパンドラの逆転能力も中々のものですのでどちらも捨てがたいのですが






四弾の環境は未だに私もよくわからない状況で、今週末に控えたFOWのWGPの結果が待ち遠しいです

一体どのタイプのデッキが勝ち上がるのか、予想しながらも自分のデッキを考えてみてはいかがでしょうか




スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。