FOWを遊ぶ鳥籠

--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.09.29 21:44|カテゴリ:TCGコメント(0)

FOWの大会に行ってきました・パート2



先日WGPも終わり、FOW四弾環境最強デッキも決まりましたね

そんな盛り上がりとは別の所でひっそりと9/27にファミリア三条パルム店様にて行われた、FOWの大会に行ってきました

いつも行っているお店の別店舗なのですが、事前に店長の方から何人か四弾を買って新規で始めてる人がいるらしいとの報告を受け
「これは行かざるを得ない」
とばかりに少し出張して参加してきました

大会は自分含め四人の参加で、四弾から新規参入なされた方が三名もいらっしゃいました

大会の形式は一本勝負の総当たり戦

フォーマットは四弾限定構築のビフレストルールです

私の使用デッキは前回に引き続いて『白黒パンドラ』です。中身は全く変わってません

ルーラーには光のパンドラの方を使用しました





一戦目

対戦相手のデッキ・『赤青タッチ黒赤ずきん』

正直な話、新規参入の方相手なのでティーチングするつもりで軽く相手をしようと思っていました
しかしながら実際に対戦を始めると
『あれ、これ普通に私が負けるのでは』
という嫌な予感が
相手の方は青ざめた月と血染めの月がそれぞれフル投入された、ジャッジメント重視のデッキでした
序盤から、黒い森の猟師→七人の小人と順調に攻めこまれます
盤面の対応と手札破壊の二択を迫られ、一先ずは最速で絶望の螺旋
イソップやロミオ、死体王子などで耐えながらも二枚目の絶望の螺旋
この時点でこちらのライフが500を切ります
相手の息が切れてきたところでシンデレラを出して一斉に処理
一度ジャッジメントを許しますが、死体王子を引きなんとか対応
そのまま押し切って勝利しました

正直ライフが残り500を切るところまで追いつめられていたので、いつ天雷を引かれて死んでしまうのかハラハラしながら戦っていました
一枚目の絶望の螺旋で月と天雷を落とせたのが大きかったのかも




二戦目


対戦相手のデッキ・『かぼちゃ三銃士』

相手の方はオーソドックスな感じの三銃士デッキで、非常に安定した動きをしながらアトスを召喚し十字架装備までのテンプレートを実行
こちらは少し動きが遅れる形で、シンデレラを出すも相手のダルタニャンジャッジメントに間に合わずアトスを処理できない状況に
仕方なくこちらもジャッジメント、光のパンドラで相手のアトスを破壊しお互いにJルーラーのみの場に
返しのターンにパンドラが破壊されますが、絶望の螺旋の影響で展開はされず自分のターン
手札に握っていたロミオとジュリエットをそろえ、ダルタニャンの貫通をジュリエットでしばらく軽減
死体王子からのリカバリーでシンデレラを立てる場を作り、ダルタニャンを安全に戦闘破壊します
そのまま盤面の制圧をし、おしまい




三戦目


対戦相手のデッキ・『白黒パンドラ』

まさかのミラー対決

一戦二戦と戦っている隣を見ていたので、お互いにデッキタイプはわかっている状態での戦いです
ルーラーも両方光のパンドラと、丸被りで笑えるほどでした

げんなりしつつも相手の先攻でゲーム開始
展開としては相手の方が先に靴を履いたシンデレラを出してリード
こちらは手札にジュリエットと希望の光、イソップを抱えながらも破天の魔石が五枚目までめくれずに絶望の螺旋とロミオだけ出すという情けない状態
ライフも1500まで削られ、押されているところでシンデレラに対し希望の光を発動。一気に相手の打点が下がりチャンスに
こちらもシンデレラを出し、相手のリゾネイターを削りつつも展開します
相手にリゾネイターが二体、こちらに三体という状況でこちらの吸血鬼の参謀に靴を履かせると、相手も耐えられなくなりジャッジメント

場が一掃されます
ジャッジメントは読めていたので、手札に温存していた(単純に魔石事故で出せなかった)イソップジュリエット死体王子から墓地のロミオを復活させて盤面を固めます
絶望の螺旋で相手のシンデレラも落とします
あとはシンデレラを引くまでひたすらにロミオとジュリエットで耐え続け、引いた瞬間に相手の場を処理しきってゲームエンド

非常に精神が摩耗するミラーマッチでした。終盤、相手の絶望の螺旋を警戒して手札をずっと一枚にしていたのが功を奏した模様
こちらが破天の魔石を引けないの同様相手もジュリエットを引かなかったので、運はお互い様でしたね




結果、全勝で優勝となりました。参加賞の宝樹の芽を二枚とWP500を受け取り非常に満足

なにより新規の方が居てくれたというのが収穫でした、十月からは定期的に大会を開こうかという話にもなっていたので今後が楽しみです


それでは楽しいFOWライフを


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。