FOWを遊ぶ鳥籠

2014.12.22 19:55|カテゴリ:TCGコメント(0)

FOWの大会に行ってきました・使用デッキ『新緑パンドラ』




FOW5弾も発売し、来週には新潟GPC控える中。『おもちゃのファミリア原信吉田店』様にて新環境最初の公認大会に行って参りました

参加者は自分含めて三人で、総当たり50分二本先取です

今回は新しいデッキなので、レシピのほうから先に紹介



緑パンドラ

【ルーラ-】

匣の少女パンドラ/闇のパンドラ


【メインデッキ】(40枚)

(16枚)

4 エルフの僧侶
4 グレーテル
4 天空の守護流ガルデア
4 古代魔法クスィーズ

(10枚)

4 ジュリエットの夢
4 物語への回帰
2 ルミアの光

(7枚)

2 完全なる死
1 ネクロノミコン
4 深淵の絶対者メフィストフェレス

(7枚)

4 笑みの残影チェシャ猫
3 偽りの神の声

【魔石デッキ】

4 森羅の魔石
4 黒静の魔石
4 閃空の魔石
1 烈波の魔石

【サイドデッキ】

4 真偽の決闘
2 浄化の炎
4 灰被りのシンデレラ
3 闇を討つ童話グリム
導きの聖王女/希望の創生者ルミア
疾風の追跡者クリスティ/吸血鬼ハンターヘルシング





デッキの簡単な説明ですが、グレーテルを手に入れた本当の意味での緑パンドラです
ジャッジメント速度が上がるので、序盤の2、3体の相手リゾネイターをどの様に捌くか、ハンデスの後にどう戦うかということを考えることになります
リゾネイターの除去に関しては多くが物語への回帰で処理できます、それで倒せないものに関しては完全なる死とルミアの光で処理
そして、序盤から場に出していけるガルデアの存在で小型のリゾネイターは大抵の場合対応できます
ガルデアは本当に優秀で、魔石事故の予防になる他単体で1200火力を出せる戦闘性能を誇っています
2、3ターン目には出来るだけ場に出しておきたいカードです

そして召喚自体を無効にするクスィーズ、場に出ると対応がしにくいメフィストフェレス、純真ジャンヌ、アカヅキン等々を狙って無効にします

そうして魔石が5つつ貯まるまで待ったら、できる限りジャッジメントします。場合によってはしないほうが良い時も当然あるのでそこはその場で判断です
ハンデスさえ決まればあとは手持ちのリソースで押し切ることになるわけですが、緑基軸のパンドラの場合後半腐るカードが8枚入っているので手札の枚数と質が下がりがちです
これでは本末転倒なので、チェシャ猫や偽りの神の声で手札の質を上げていきます
あとはメフィストフェレスを立て、手札にクスィーズやジュリエットの夢を構えつつ三回殴ると勝ちです


サイドデッキについてですが、正直今回は適当なので解説は割愛。間に合わなかったんです……
赤は絶対必要なので、出来ればメインから数枚積みたいところですね
ルミアの光あたりを抜いて真偽の決闘を入れるのがいいかと今は考えています





対戦レポート

一回戦・一戦目

対戦相手『赤白青ルミアウィニー


こちらの先行からスタート
初手にエルフの僧侶は無し、グレーテルありの状態でスタート
一ターン目はコールしてターン終了、相手のターン猟師の着地から攻撃
こちら二ターン目からグレーテル召喚、魔石が森羅だったため手札のチェシャ猫もついでに召喚して壁を立てます
その後相手が展開、こちらが猟師残して除去という流れがしばらく続きます
途中ガルデアを出すと相手の攻撃がぱたりと止まり、その隙にジャッジメント
相手の場にはガルデアを超えるリゾネイタ-が居ない状態で、返しのターンにルミアをひっくり返すかと思いきや魔石が不十分という判断か一ターン見送り
おかげでこちらがメフィストフェレスを立てるターンが出来ます
メフィスト着地の返しのターン。さすがに相手もジャッジメント、メフィストを除去したいところですがトップ三枚にそれがなかった模様
そのまま返しにメフィストでルミアを攻撃、あとは押し切って勝ち


一回戦・二戦目

サイドからは浄化の炎2枚を入れます、代わりにルミアの光をアウト
相手の先行からスタート、ルーラ-が白雪姫に変わっていました。またしても猟師からスタートする初期ライフ3700のゲーム
今回は僧侶を引き、順調な立ち上がり。先行をとった時と大差ないタイミングでのジャッジメント
しかしジャッジメント、前のターンで相手にジャッジメントされておりそこには1300のデカブツが
こちらのチェシャ猫が2体いるので二回は攻撃を止めれるという判断です。手札にあるメフィストを先に出してもりんごが飛んできて死ぬ可能性大です
案の定ハンデス前にりんごがこちらの僧侶に飛んできて破壊されます
そして相手ターン、手札は使わずに白雪でダイレクトアタック。ブロックしたチェシャ猫が犠牲になります
しかし返しのターン、メフィストを着地させ、その後なんとか白雪姫を処理
そのまま押し切れるかと思いきや、相手の出した釣り人によりメフィストの攻撃が止められます
モタモタしているよりはいいだろう、という判断で仕方なく二体目のメフィストを出します。アカヅキンは一体処理した後なのでトップで引かれさえしなければいけるだろうという気持ちでした
それに返しのターンでアカヅキンがでなければそのまま勝てる場だったので「まあいけるやろ」と

いけませんでした、返しにアカヅキンを出されてメフィストを二体失い一転窮地
とはいえアカヅキンは回帰で除去し、相手の場にもアタッカーが居ない状態
どうしようかなと悩みつつその後、プレイしていたらいつの間にかガルデアの火力で勝っていました
ドラゴンって強い




二回戦・一戦目

対戦相手『黒軸アブドゥル

こちらの先行でスタート、エルフの僧侶から順調に始めようとするもののシンデレラの靴で僧侶が逝きます
2ターン目グレーテル召喚、魔石を伸ばします。相手ターントランプ兵クローバーを召喚、墓地を肥やしてターンが帰ってきます
その後は相手のクローバーを除去しつつ、手札を構える形でターンが経過
相手としてはこちらのジャッジメント前にジャッジメントしたいので、ジャッジメントしたアブドゥルをどうにかこちらは処理する必要があります
そしてゲームが進み、手札にはメフィストが無く、代わりにガルデアがある状況
場にも一体のガルデア、相手の場は吸血鬼の参謀とアブドゥルという状況に
一応ガルデアの効果でガルデアの打点を1200にしてある状態で、相手の魔石は一つだけ破天が立っている状態
アブドゥルはジャッジメント直後なのでレストもしておらず殴れません
ここでガルデアを攻撃させるかの悩み、一応壁となるリゾネイタ-は一体グレーテルがいるので守れなくはないです
安全を期して殴らずに居てもいいですが、このまま硬直状態になって除去できるガルデアを処理されてしまうと元も子もありません
というわけで一回攻撃
相手ターンに入り、悩みつつもアブドゥルはコール。そして完全なる死でガルデアを破壊してターンを渡してきます
こちらは二体目のガルデアを召喚、クスィーズとジュリエットの夢を抱えているのでかなり安心です
そして相手ターン。アブドゥルは今回もコール、メフィストを召喚してきます。ここはクスィーズで対応
魔石も一つしか残ってないので返しにガルデアで自身を1200に。参謀を除去しつつアブドゥルを破壊
そのままジャッジメントでのハンデス、押し切って勝ちます


二回戦・二戦目


サイドからはグリム2、真偽の決闘4を入れます。抜いたのは物語への回帰4にルミアの光2
相手は特にルーラ-チェンジなし、相手の先行でスタートします
序盤は一戦目と殆ど同じで今度は相手が漆黒の悪魔によるビートダウンをしてきました
それに対応している間にまたしても相手に先にジャッジメントされてしまいます。こちらがメフィストを立てるものの完全なる死で破壊されます
とはいえあちらの魔石もカツカツ、加えて漆黒の悪魔や深淵からのささやきによるドローでダメージがたまっています
こちらはメフィストがやられたものの小型リゾネイタ-が何体か立っており、壁は十分です
なんとか壁と除去を駆使して耐えつつ、二体目のメフィスト着地。除去をクスィーズで跳ねのけ、ブロッカーを完全なる死で避けながらアブドゥルを撃破します
そしてこの時、壮大なプレイングミス。じつは相手の残りライフが1100だったことに後ほど気付く
アブドゥル無視でプレイヤ-狙ってればよかったじゃないかと後でご指摘を受け、すげえミスだなと自分で笑いました
結局そのままジャッジメントせずメフィストで殴って勝ったので良かったですが、負けてたらと思うと怖いですw





結果

全勝で優勝でした、発売記念大会も兼ねているので和平交渉PRと武装解除、新たなる流れPRを受け取り帰ってきました

デッキを回してみた雑感ですが、真偽の決闘とシンデレラはメインから入れたほうがいいかもしれません
後はお好みの範囲内で、といった具合でした

まだサイド含めて全然煮詰まってないので、これからまたちょこちょこ改良して行こうかと思っています


それでは今回の記事はこれくらいで、また次の記事でお会いしましょう


スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR