FOWを遊ぶ鳥籠

--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.02.13 03:07|カテゴリ:TCGコメント(0)

FOWデッキ紹介『アリスコントロール』




今回はデッキ紹介の記事です

発売時からずっと使いたいと思っていた【不思議の国のアリス】をルーラーに据えたデッキになっています

このカードはその効果のトリッキーさ故に多くのプレイヤーを悩ませている美少女ですが、先日の日本OPENにおいては7/64という使用率を誇る人気カードでもあります

人気なのにデッキが組みにくいのはもったいないので、サンプルとしていくつかのタイプに分けて紹介していこうという趣旨の第一弾です


それでは本編






アリスコントロール』

【ルーラー/Jルーラー】

不思議の国のアリス/世界渡りのアリス


【メインデッキ】



3 黒い森の猟師
3 急速劣化
4 天雷
2 偽りの赤月アカヅキン
1 黄金竜ジル・ド・レ



4 ジュリエットの夢
3 物語への回帰
1 銀の杭



3 血の語り部ローラ
2 灰被りのシンデレラ
2 死体王子
3 吸血鬼の女王カーミラ
2 深淵の絶対者メフィストフェレス
2 深淵からの囁き
4 完全なる死
3 絶望の螺旋


【魔石デッキ】

1 魔封石グラスバレスタ
1 破天の魔石
4 熱輝の魔石
4 炎禍の魔石





『デッキ説明』


四弾環境の時からあった赤黒白のコントロールデッキを五弾環境に多少寄せる形で組み直したものになります

「このメインデッキならルーラーヘルシングとかアブドゥルとかドラキュラとかでいいじゃん」という意見もありそうなので、アリスである理由から説明します

正直な話をしてしまえば、デッキの構成上ドラキュラは怪しいもののアブドゥルやヘルシングでも普通に動きます。問題はそれらとの役割の違いです
アブドゥルの場合、ジャッジメント後は相手のリゾネイターに大きな制限を与える強いカードですが最近はその脅威からか多くの対策が取られ、現環境で長期間場に居座るのは難しい状況です
その点、アリスは場に出た瞬間に役割を終えるのでJルーラーを殺すための対策も気にせず使うことが出来ます
ヘルシングの場合ですが、これにはドローとドラキュラ戦で優位になれるという二つの役割があります。ドラキュラ相手なら間違いなくアリスよりもこちらの分配があがります。しかし他のデッキ相手ではどうでしょう、その場合は主にヘルシングのドロー効果を使っていくことになるわけですが、魔石をある程度伸ばしておかないといけない関係上ドロー出来るのは多くて3回がいいところだと思います
アリスの場合、(魔石構成上)ドロー効果が使えないものの3色効果を使えれば実質カード3枚分の役割をしたことになります。手札を捨てさせる効果で一枚、リゾネイター除去で一枚、回復で一枚みたいに考えられるわけです。詭弁ではありません
さらにヘルシングと違い、効果が安定しているというのもメリット。あちらがドローしたカードの種類に依存するのに比べ、こちらは絶対に狙った効果を使うことが出来ます。これは大きな違いです

以上の理由により、ヘルシングやアブドゥルといったルーラーではなくアリスを使うという利点は十分にあるわけです


アリスである理由は説明したので、あとはメインデッキの運用について
序盤は猟師やローラなどの小型リゾネイターをこまめに出し、あとは相手のリゾネイターを除去で処理してひたすら地道に殴っていきます。一体でもリゾネイターが立っていれば安心感あります

手札のカードで相手の盤面に対応できなかったりする場合はさっさとアリスをひっくり返しましょう。できるだけこの時に3色分効果が使えるとおいしいです。重要なのは手札破壊よりも回復効果である場合が多いのでどちらかで迷ったときはそうしたほうがいいです
回復効果が使えれば、深淵の囁きで払うライフが1000増える=カード2枚分増えるわけですから楽に立ち回れるようになります

終盤はジルドレ、メフィスト等のフィニッシャーを立ててさっさと詰めましょう。アカヅキンは対応力がある反面クスィーズやジュリエットの夢、真偽の決闘に馬鹿みたいに弱かったりするので使いどころは本当に見極めた方がいいです



魔石デッキの構成ですが、黒が少ないと感じたら熱輝を破天に1、2枚変えるだけでも大分変わるかと思います
グラスバレスタは単純にデッキとの相性がいいので採用しています。アリスの他のカラーの効果を使いたいと思えば黒青なり黒緑の特殊魔石を入れてもいいですがグラスバレスタを抜くのはあんまりおすすめしません

各カードの枚数はサンプルとして丸めに、ほどほどに作っているので使いながら自分に合う枚数を選ぶのがいいです

サイドボードルーラーに関して、今回は作っていませんがおすすめはアブドゥルとヘルシング、ルミアあたりです
ドラキュラでもいいですが、多分中途半端になります。それならメインからドラキュラ組みましょう





という感じで、今回の記事は以上になります

それではまた、次の記事で(多分アリスのデッキ紹介)



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。