FOWを遊ぶ鳥籠

2015.04.06 00:45|カテゴリ:TCGコメント(0)

FOW6弾「月姫の帰還」のおすすめカードを紹介





5弾の時と同様、各色から数枚ずつ「強いんじゃないかな?」「今後使えるかも?」と私が感じたカードを紹介していきます

ルーラーの紹介は今回しませんので、その点はご了承ください。あと、カードの評価に関しては完全に個人の意見でしかないのであくまで参考程度に

それではさっそく闇属性から







闇属性




翼ある貴婦人 バイアクヘー


078.jpg


コスト:(闇)(闇)(3)
ATK/DEF:900/900
種族:クトゥルフ


[飛翔]

【顕現】(闇)、(闇)
(このカードのコストを支払うのではなく、指定の属性のリゾネイターを指定数破棄してもよい。)
【条件】
このカードをレスト:対象のリゾネイター1体はターン終了時まで[+900/+900]と[飛翔]を得る。

このターン、そのリゾネイターが破壊されたとき、このカードを破棄する。




新しいキーワード能力「顕現」を持っている大型クトゥルフリゾネイター
本来のコストで召喚するには少々物足りないスペックなので、顕現を利用した召喚が主な利用法になりそう

問題のコストは自分の闇のリゾネイターを二体破棄するというもの。決して軽いコストではないが、コストの軽い1、2コストくらいのリゾネイターを多くデッキに投入していればかなり早めのタイミングに場に出すことができる

相性がいいのは【血の語り部ローラ】、手札を減らさず展開できるので息切れを防ぐことができる

着地した後に迎える最初のリカバリーフェイズ前に自身のレスト効果を自信を対象にとって発動することで1800/1800の状態でメインフェイズを迎えることが可能

効果でもそうですし、もともとが飛翔を持っているため攻撃が通りやすいのが強み。以前もガルデアで似たようなことができたものの、あちらよりも攻撃が通りやすいうえにダメージが大きい

一度この1800の状態の攻撃が通れば相当有利に試合を動かせそう




虚空の魔導師 ゼロ

090.jpg

コスト:(闇)(闇)(1)
ATK/DEF:700/500
種族:人間・六賢者

【瞬動】
(あなたはこのカードを、あなたが詠唱破棄をプレイできるタイミングでプレイできる。)

【参戦】
対戦相手のすべてのリゾネイターはターン終了時まで、[-200/-200]を得て[飛翔]を失う。




こちらも、新しいキーワード能力「瞬動」を持っているリゾネイター

瞬動がついていることにより、相手ターン中や何かの行動に対応して召喚することができる
効果そのものは相手のリゾネイター全体に対するマイナス系効果で、飛翔を失わせる効果は地味に活躍の機会が多そう

本来ならブロックできない状態のメフィストやラプンツェルを回避できたり、採用率の高いチェシャ猫を一掃したり、単純にDEF900以下のリゾネイターがアタックしてきたところで出せばほぼ確実にブロックして相討ちを狙うことが出来る

アタッカーにするにはDEFが心もとないので使うなら使い切りとしての運用が求められそうな、そんなカード




黄衣の王

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3d28b95c5239c783c47224bffcff95bb5.jpg


コスト:(闇)(1)
ATK/DEF:400/400
種族:クトゥルフ ・化身


【常時】
このカードが場から墓地に置かれたとき、あなたのメインデッキから”黄衣の王”1枚を探し、公開して手札に加える。その後、あなたのメインデッキをシャッフルする。



いわゆるリクルーター。ローラとの主な違いは種族とステータス、サーチのタイミング
こちらはあちらと違って自身しかサーチが出来ず、数を並べることが出来ない代わりにステータスが高い
闇属性のためシンデレラの靴で強化できるのは無視できない
クトゥルフを種族に持っているので、同弾に収録されている【クトゥルフの呼び声】の発動条件を満たすのに一役買いそう




炎属性




永遠の炎 アカシックレコード

019.jpg

コスト:(炎)(1)
分類:アディション・フィールド(聖遺物)


【常時】

あなたが、あなたの墓地にあるカードと同名のカードをプレイするなら、それのコストを(2)軽減してもよい。



コスト軽減効果を持つアディションフィールド。これ自体のコストを考えてもかなり割のいいカード

コスト軽減の条件が「自分の墓地に同名のカードがあること」なので、ある程度自由に墓地にカードを落とす工夫が必要。普通に組んだだけだとそこまで墓地が都合よく肥えることはないので、使うなら運用方法を考えて使うべきか

相性が良さそうなのはグリム系のデッキ。サーチと墓地肥しが簡単にできるので悪くなさそう
ネクロノミコンが発動できれば墓地のカードを軽減して使うことが出来るが、都合よく墓地が超えている必要があるのでメインギミックに据えるようなものではなさそう(おまけ程度に)

ルール改訂により、同名のアディションフィールドが複数枚設置できるようになったのは追い風






嫉妬の弾丸

024.jpg


コスト:(炎)
分類:アディション・J/リゾネイター(武器)

【常時】

設置されているJ/リゾネイターは、あなたのライフが対戦相手よりより少ないなら[+800/+800]を得る。




Jルーラーにも設置ができるアディションで、条件を満たすと破格のステータス強化が得られるカード

自分のライフを意図的に減らすことが出来るカードもそこそこに存在しているので、条件を満たすのは意外に簡単

当然これだけのステータス強化のされたJ/リゾネイターでの攻撃が通れば相手ライフがこちらを下回ってしまう
しかし逆に、一度でも効果を発揮した状態で攻撃が入れば赤の一つ払っただけで800ダメージを発生させたカードということになるので基本的には一回攻撃が通れば十分という考えで使うのが無難

相性がいいのは漆黒の小悪魔、黒い森の狼憑き、深淵からの囁きあたり




40人の盗賊

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da376f8007d0567753d47224bffcff95bb5.jpg

コスト:(炎)(1)
ATK/DEF:400/400
種族:物語・人間

【参戦】カード2枚をドローする。その後、手札2枚を捨てる。




手札交換効果を持つ赤の軽量リゾネイター。手札枚数におけるアドバンテージは稼げないものの、ある程度狙ったカードを墓地に落とすことが出来るのでリアニメイト戦略で戦うなら便利そうな一枚
ステータス自体も及第点と言える400/400ラインであり、同弾収録の【永遠の炎アカシックレコード】【天地創造】などのお供に使われる場面が多くなりそう




天地裂開

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da39bec12a9b637220447224bffcff95bb5 (2)

コスト:(炎)(炎)
分類:詠唱


すべてのプレイヤーにそのプレイヤーがコントロールしている特殊魔石1つにつきダメージ300点を与える





おそらく6弾のカードの中で一番多くのデッキに影響を与えるであろうカード
特殊魔石10枚の魔石デッキ構成が主流となっている環境でのこのカードの効果は絶大で、後半になればこれ一枚に初期ライフの半分を持っていかれることが予想される
バーンダメージは自分も喰らうので、これを自分が使うならば魔石デッキ内通常魔石の比率を高くするなりの工夫が必要になる
6弾発売以降のゲームにおいては常にこのカードの存在を意識したメインデッキの構築をすることになりそう




次元を喰らうもの ブレイザー


1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da38424470d7e6f2c4d47224bffcff95bb5.jpg


コスト:(炎)(炎)(炎)(2)
ATK/DEF:1100/1100
種族:ドラゴン・観測者


あなたはこのカードをあなたの除外エリアからプレイしてよい。

<迅速>(場に出たターンに攻撃と、コストに[レスト]を含む能力を使用できる。)
【常時】いずれかの領域からカードが墓地に置かれるとき、そのカードは代わりにゲームから除外される。



除外された状態からプレイできるルール効果と、すべての墓地に落ちるカードに影響を与える常時効果を持っている
惜しむらくはコストがシンボル縛りと総コスト共に重いことだが、その点を無視してみれば優秀さの塊のようなカード
墓地利用メタ、迅速からそこそこのステータスで殴ることもでき、実質死んでもコストがあれば復活するので中々に真っ向kらの解決が難しいカードと言える
ただ、コストが重いので召喚無効系のカウンターを打たれると対応が難しい上復活もできない。そして場に出た後も攻撃できなくなる系のアディションをつけられてしまえば無力化されてしまう点は注意

それを鑑みても優秀なカード




水属性





銀河の月 カンパネルラ

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3e03f04d485b24a9a47224bffcff95bb5.jpg

コスト:(水)(1)
ATK/DEF:200/200
種族:童話・幻想


【参戦】あなたのメインデッキから水の月1枚を探し、場に出す。その後、あなたのメインデッキをシャッフルする。
【常時】このカードは、あなたが月をコントロールしているなら[+200/+200]を得る。
【常時】あなたがコントロールするリゾネイターが場から墓地に置かれたとき、このカードを破棄してもよい。そうした場合、そのリゾネイターを手札に戻す。




参戦で、持ってこれる月は今のところ【青ざめた月】【月の都ツクヨミ】の二枚。それを考えても2コストでこの効果は破格のスペック
常時効果はステータス上昇と、身代わりのような効果。ステータス上昇の条件は参戦で満たすことができるので基本的には400/400を期待してもよさそう
自軍のリゾネイターが墓地に行った時の効果は汎用性が高く、全体的に無駄のない効果になっている。参戦効果を発揮したら実質バニラみたいなものなので積極的に回収効果を使いたい





皆既日食


1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da37e283c5e6bee1fb947224bffcff95bb5.jpg


コスト:(水)(1)
分類:詠唱待機

【発動条件】あなたが月をコントロールしている間すべての兎人以外のリゾネイターは[-500/+0]を、すべての兎人は[+500/+0]を、ターン終了時まで得る。




コストの割に強力な全体強化効果を持っているカード。強化対象は兎人限定だが、今弾で兎人の種類が増えたのと【銀河の月 カンパネルラ】の登場で月が場に出やすくなったのが追い風
攻めだけでなく防御にも使えるというのが意外にも使いやすそう





シューテングスター


1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3f93e8d006123019b47224bffcff95bb5.jpg

コスト:(水)(水)
分類:詠唱破棄

1つだけ対象を取る通常呪文を対象とし、それの対象を変更する。




強力なスペルやアディションの増加に従って強くなるカード。よく使われるカードでは、完全なる死、天雷、ジュリエットの夢などのカードの対象を変更できる
天雷の場合、元の対象がプレイヤーかJ/リゾネイターかに関わらず好きな対象に変更することが可能(多分)
相手のアディションリゾネイターに反応して発動もできるので、使える幅は案外広い





光属性




光の継承

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3f8195a7e853f424747224bffcff95bb5.jpg


コスト:(光)(1)
分類:詠唱破棄


対象のあなたのコントロールするリゾネイター1体が、このターン、場から墓地に置かれたとき、あなたのメインデッキからそれと総コストが同じリゾネイターカード1枚を探し、あなたの場に出す。その後、あなたのメインデッキをシャッフルする。




自分のリゾネイター一体に疑似リクルーター効果を付与するスペル。総コストが同じであればいいので属性が違っても出すことが出来る(間違ってたらすいません)
そのため、本来ならサーチしにくいリゾネイターなどを呼んで来たりするのに便利
選んだリゾネイターがターン中に墓地に行く必要があるが、当然その準備をしてから発動することになるのでそこまで気にはならないだろう
大型のリゾネイターをリクルートすればコスト軽減になるので、顕現で出せる大型リゾネイターとの相性がいい





希望の聖戦士


1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da317da1e32e5ab33dd47224bffcff95bb5.jpg


コスト:(光)
ATK/DEF:400/400
種族:人間




とうとう登場した1コストバニラリゾネイター。このステータスのデメリット無し400/400が1コストで出るようになったのはウィニービートにとってはそれなりの強化
単体で使いやすい光の軽量リゾネイターなので、顕現コストにも




創世の語り部

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3d22126177db3e97247224bffcff95bb5.jpg

コスト:(光)(1)
ATK/DEF:0/400
種族: 古代


【参戦】あなたのメインデッキから[アディション:フィールド]カード1枚を探し、公開して手札に加える。その後、あなたのメインデッキをシャッフルする。
【条件】[白]このカードを破棄対象の[アディション:フィールド]1つを破壊する。





待望のアディションフィールドサーチ。これにより安定しなかったカード(血染めの月とかネクロノミコン)が安定して手札に入るようになる
それに加え、アディションフィールドを破壊する条件効果もあり、2コストのカードとしては非常に優秀





天地創造


1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3a347b3b92339b32947224bffcff95bb5.jpg

コスト:(光)(光)(2)
分類:詠唱

あなたの墓地から、[アディション:フィールド]カードと、リゾネイターカードと魔石カードを、それぞれ最大1枚まで対象とする。その魔石カードをあなたの魔石エリアに出し、そのリゾネイターカードとその[アディション:フィールド]カードをあなたの場に出す。




大型リアニメイトスペル。すべての対象が墓地にあればこれ一枚で3枚のカードを釣ることが出来るロマンカード
しかし、アディションフィールドとリゾネイターだけでも釣ることができれば十分な効力を発揮するので魔石を落とすギミックを無理に仕込むよりはそちらが無難
スペルである関係上と墓地を参照する関係上緑相手ではかなり通りにくいカード
使うにはそれなりの緑対策が必要か





神の報復者アベル

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da377b568a04220739047224bffcff95bb5.jpg

コスト:(光)(光)(1)
ATK/DEF:700/700
種族:人間

<指定攻撃>
【顕現】[光]、[光](このカードのコストを支払うのではなく、指定の属性のリゾネイターを指定数破棄してもよい。)
【覚醒】[光][光]2[参戦]他のすべてのリゾネイターを破壊する。




コストがそれなりにかかるものの、全体破壊効果を持ったリゾネイター。地味に指定攻撃を持っているため、覚醒を使わずに700/700の指定攻撃持ちとして召喚することもあるかもしれない
覚醒効果を使うなら顕現を使って召喚するのが現実的か




風属性




聖風の使い魔


1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3720606c86834a46147224bffcff95bb5.jpg

コスト:(風)
ATK/DEF:200/200
種族:使い魔・猫

【参戦】カード1枚をドローする。
【条件】[風]このカードを破棄対象のリゾネイター1体にダメージ300点を与える。




猫だという点と効果がどことなくチェシャ猫に似ているカード。あちらと違って自身を破棄することでリゾネイターを焼くことが出来るので、単体で無駄なく使うことが出来る
ATKが微弱ながら200あるのでひょっとするとダメージも与えられる可能性がある。チャンプブロックに反応して除去されてしまうのがあちらよりも安心できない所だが、破棄して効果をつかえれば無駄にはならない
同弾に全く同じ効果のアディションリゾネイターが存在するが、あちらよりもこちらの方が単体で機能する点で優秀




聡明な使用人 モルジアナ

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3723712bdafde6bc247224bffcff95bb5.jpg

コスト:(風)
ATK/DEF:300/300
種族:物語・人間

【常時】あなたがドローフェイズ以外でカード1枚をドローする代わりに以下を行ってもよい。 「あなたのメインデッキの上からカード3枚を見る。その中から1枚を手札に加え、残りのカードを好きな順番でデッキの一番下に置く。」




効果によるドローで見れるカードの枚数が単純に3倍になるカード
恐ろしい勢いでデッキを掘ることが出来るので、これが立っているだけで手札の質が簡単に上がる
そしてステータスも基本数値の300/300を満たしており、十分序盤の先頭に参加できるのも強み
コストが軽いため、破壊されてもそこまで痛手にならないのが使いやすい




風乗りの商人 シンドバッド

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da34bb6493329fa6e4547224bffcff95bb5.jpg


コスト:(風)(風)
ATK/DEF:600/600
種族:物語・人間

【常時】あなたの手札の[アディション:リゾネイター]カードはすべて[瞬動]を得る。
【常時】あなたがドローフェイズ以外でカード1枚をドローする場合、代わりにそれをドローしなくてもよい。これによりカードをドローしなかった時、以下の中から1つを行う。 「対象のリゾネイター1体にダメージ300点を与える」 「対象のリゾネイター1体はターン終了時まで、[+400/+400]を得る」 「対象のアディション1つを破壊する。」




二つの常時効果にそこまでの関連性がないように一見見えるものの、今弾に収録されたアディションに参戦時1枚ドローするカードが多いのと【魔女の短剣】の存在により瞬動が生かせるようになっている
単純にドローする方がいい場面かそうではないかの見極めが必要な効果。パンプ効果はかなり効率がいいのでどれかの効果を主体にして使うならこれが良さそう

このカードが1枚立っているだけで常に戦闘時はステータス強化、ダメージを意識させることが出来るのは単純に強い
しかしながらコストの関係上急速劣化にはなすすべなく負ける




多色カード





異界の炎

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da317ac8a26b214148347224bffcff95bb5.jpg

コスト:(炎)(闇)
分類:詠唱破棄

対象のJ/リゾネイター1体にダメージ800点を与える。このカードのプレイにはチェイスできない。




確実に通すことが出来る800焼き。Jルーラーを狙うことが出来るので、事前にこのカード以外でダメージを与えておけばほぼ確実に破壊することが出来る
逆に言えばJルーラーを場に維持しなければならないデッキではこのカードを意識した構築が必要になる。このカードを直接止めることはできないため、Jルーラーのステータス強化やこのカード以外の焼きスペルをカウンターなどの工夫をする必要がありそう
地味に純真者の領域を使ったラプンツェルコンボを一枚で打破できる






名状しがたいものハスター

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da30e3c6d58e8038a4f47224bffcff95bb5.jpg


コスト:(闇)(炎)(2)
ATK/DEF:700/500
種族:クトゥルフ

【顕現】[炎か闇]、[炎か闇](このカードのコストを支払うのではなく、指定の属性のリゾネイターを指定数破棄してもよい。)【参戦】対象のアディションが設置されてないリゾネイター1体を破壊する。




カーミラと違って吸血鬼も破壊できる代わりにアディションが設置されたリゾネイターを破壊できないカード
顕現でコストを軽減して出しても、普通に出してもいい微妙なコスト
ステータスはそこまで信用できるものでもなく、使い捨てのカードと割り切ったほうがいいだろう





月撃アポロブレイク

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da38dd18dbe1edfbc6447224bffcff95bb5.jpg

コスト:(水)(光)
分類:詠唱破棄

対象のリゾネイター1体を、そのオーナーのメインデッキの一番上に置く。
【覚醒】[月][月]あなたのJ/ルーラーが”星戦の月姫”か”不死の姫 輝夜”なら、代わりに対象のリゾネイター1体を、そのオーナーのメインデッキの一番下に置き、カード1枚をドローする。





覚醒コストを払わない方が恐らく強いのではないかというカード。顕現で強力なカードが登場したため、こういうバウンス系の除去が効果的な場面も多くなるだろう
デッキロックで注意すべき存在はハンプティダンプティ。とはいえ召喚されていればそもそも撃たない選択を取るので気にならない




次元の守護者 アリス

1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da3786caea2fdcd331547224bffcff95bb5.jpg

コスト:(水)(光)(1)
ATK/DEF:700/700
種族:観測者・人間

<飛翔>
【条件】[水]対象のあなたがコントロールするリゾネイター1体はターン終了時まで、対戦相手の呪文や能力の対象にならない。
【条件】[光][レスト]このカードと対象のリゾネイター1体をゲームから除外する。




青を一つ払うことで自軍にアンタッチャブルを付与する効果とリゾネイター1体を道ずれに除外する効果があり、そのどちらも有用
アンタッチャブルを付与する効果が強いので二番目の効果はぎりぎりまで温存するように立ち回るのが望ましいだろう
地味にステータスも基準の700/700を満たしており、飛翔もあるというオーバースペック
流石次のクラスタの主人公




調停者 セト


1a0ced8bc495a7ba44dce20064b6650ab0c300be2e979da34b505f3aee63a20147224bffcff95bb5 (2)

コスト:(闇)(光)(1)
ATK/DEF:600/600
種族:人間


【常時】対戦相手が手札を1枚捨てるたび、あなたはカード1枚をドローする。
【常時】対戦相手のリゾネイター1体が場から墓地に置かれるたび、対象のあなたの墓地にあるリゾネイター1体を手札に加える。




立っているだけでアドバンテージを生み出すリゾネイター。とはいえ他のカードによるサポートも必要で単体では機能しない点ため過信はできない
複数体いればいる分だけ効果が発動するので手札でダブつかない。しかしコストの割にステータスがやや貧弱で種族も人間なので何かしらの防御手段を用意しないとすぐに破壊されるだろう
恐らくパンドラ系のデッキでの運用を想定して作られているので素直に従ってみるのもよさそう






紹介は以上になります


今回も強力なカードが盛りだくさんのFOW6弾、発売後の環境の動きなどが気になりますね

紹介していないだけで他にも有用なカードはたくさん収録されていますので、色々と試してみてはいかがでしょうか


それでは今回の記事はこれくらいで



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR