FOWを遊ぶ鳥籠

--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.05.28 21:15|カテゴリ:TCGコメント(0)

FOWデッキ紹介・『赤黒T白パンドラ』




今回はデッキ紹介です。ちょっと前に組んだ『創造パンドラ』からコンボ要素を削って安定性を与えたものになっています


それではまずレシピから





T白パンドラ』


【ルーラー/Jルーラー】

匣の少女 パンドラ/闇のパンドラ


【メインデッキ】



4 絶望の螺旋
3 完全なる死
1 ネクロノミコン
2 灰被りのシンデレラ
3 虚空の魔導士ゼロ
2 血の語り部ローラ
3 吸血鬼の女王カーミラ




4 天雷
3 急速劣化
3 血染めの月
1 火鼠の衣
3 次元を喰らうものブレイザー
3 黄金竜ジルドレ
1 偽りの赤月アカヅキン



3 創世の語り部
1 蓬莱の玉の枝





4 異界の炎

【魔石デッキ】

1 破天の魔石
4 熱輝の魔石
4 炎禍の魔石
1 魔封石グラスバレスタ

【サイドデッキ】

1 漆黒の預言者/絶望の記し手アブドゥル=アルハザード
1 疾風の追跡者クリスティ/吸血鬼ハンターヘルシング
4 闇の魔石
3 深淵の絶対者メフィストフェレス
3 物語への回帰
1 王城ライトパレス
1 罪と罰
1 灰被りのシンデレラ




『デッキ説明』


パンドラをルーラーに据えた除去コントロールデッキです。序盤に小型で攻められるのが嫌なので急速劣化をメインから投入、ゼロの存在とシンデレラもありそこそこに立ち回れます

相手が色基盤の薄いデッキであれば、血染めの月などを語り部からサーチしつつ投げていくとジャッジメントまでの時間稼ぎにも効果的です。天地裂開の存在により特殊魔石の少ない構築も多く、そういったデッキのタッチカラーを攻めるのに便利なカードです。完全に単色しか使ってこないようなデッキであれば、3T目や2T目には察しがつく場合も多いので別のカードを語り部でサーチしてくれば問題ないでしょう。初手にマリガンで残すのはこの環境では少しリスキーです

ジルドレ、ブレイザーあたりにフィニッシャーを依存するデッキは火鼠の衣、蓬莱の玉の枝などが一つあるだけでも効果が大きく、ジャッジメント後にトップから逆転されるといったことを防いでくれます

ルーラーが闇のパンドラなのに螺旋が入っている理由ですが、そもそもこちらのルーラーがバレた時点で相手が急いで手札を消費してくるのがわかっているので、そこに螺旋を投げて失速させる目的で入っています
ジャッジメントすればハンドをすべて落とすことができるとはいえ、魔石ブーストのないデッキですから自然と6T目にならなければジャッジメントはできないということになります。それくらいになると、カウンターをどっしり構える緑系のデッキでない限りは相手の手札が1枚2枚になっていることもざらです。ジャッジメントはしてもしなくても勝てるようにするのがいいかと思います

相手のハンドが尽きた後はデッキに六枚投入されたフィニッシャーを投げつければ勝てます。こちらも蓬莱や火鼠に弱いですが、そこは創世の語り部でカバーすることができます

メインの動きとしてはほぼ以上の説明のような具合で、サイドからは天地裂開系のデッキ対策とドラキュラ対策、アブドゥル対策になっています
相手がアディションで厄介なものを置いてくるデッキならライトパレスを投入、これで創世の語り部一枚でアディションフィールドは二枚破壊できます

グリムならメインにシンデレラ増やして魔石を交換、ルーラーをアブドゥルへ

大体そんな感じです。メフィストの枠には好きなカードを入れるといいかと思います






今回の記事は以上になります

OPENが終わって焦る必要がなくなったことにより、いろんなルーラーを触ってみるチャンスかと思います

メタゲームの中心だったアブドゥル、グリム、シェヘラ、フェルトゴルト以外のデッキも少しずつ作っていきたいですね


それではまた次の記事で

スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。