FC2ブログ

FOWを遊ぶ鳥籠

--.--.-- --:--|カテゴリ:スポンサー広告| コメント(-)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.05.06 15:21|カテゴリ:TCGコメント(0)

【グリムクラスタ限定戦】無理ゲー杯に行ってきました



先日秋葉原某所にて行われた無理ゲー杯に参加してきました。

フォーマットは懐かしのグリムクラスタ限定戦。
久しぶりに触れるプールだったので、昔好きだったルーラーを持っていこうと思いました。

【匣の少女パンドラ/闇のパンドラ】
登場初期からなんやかんや使い続け(大会で使ったわけではない)、日本では結果を出すことなくクラスタ落ちしてしまったルーラーです。日の目を浴びるいい機会といえます。
1485241985.jpg 1485242139.jpg
           来て…




……紛失してしまいました。全く見つかる気配がなかったので、諦めて別のデッキにすることに


グリムクラスタのプールでは天地裂開というイカれバーンとヴラド・ツェペシュというライフちゅっちゅ吸血鬼の二大パワーカードが存在します。

c774375b-793e-4908-ae9e-80a202681511.jpg 1485246635.jpg

グリム環境後半に生み出されたこの二枚は当時の環境に大きな影響を与えました。
そのため、当時デッキを組む際にはこの二枚を意識することが不可欠でした。

特にヴラドはコントロールデッキのルーラーを実質一種に統一するレべルだったといえます。(何故ならコントロールミラーでヴラドに勝てるのはヴラドしかいなかったからです)



そんな環境下で頑なにヴラドを使わず、別のルーラーを使ったコントロールデッキを組んでいた知人が居ました。

新潟の神を自称する彼が使っていたルーラーは風の解放者/千夜一夜物語 シェヘラザード
1485244581.jpg 1485244582.jpg

色々と丁度いいと思い、私はのデッキを記憶を元に再現して持っていくことにしました。
 (カードを発掘する途中で彼のサインが入ったモリンフェンが出てきたのも理由)

65656142.jpg 
持って行ったのがこちら。魔石がガバガバです(もっと月光を入れるべき)
ちょっと回したらそれなりに戦えそうだったので満足しました。


当日の対戦ですが、ランブル形式の1ゲームマッチでした。
対戦順に意味がないので、順番適当ですがご了承ください。
(皆さんのデッキはTwitterでハッシュタグ #無理ゲー杯 と検索していただけると見つかるかも)

対戦相手ずぃさん
使用デッキ:アリス

アリスというルーラーはデッキ構築への縛りが極端に薄いカードなので、全くデッキ構成の予想が付かないままゲームスタート。
怪しげな【坂本龍馬】というカードをよくわからないまま除去しつつ、こちらは六賢者を並べてちまちまビートダウン。
途中アリスにフルパワージャッジメントされ、場を制圧されるものの除去と追加の六賢者で巻き返して勝利。

対戦相手憂李さん
使用デッキ:三銃士

三銃士はアラミスと坂本龍馬を軸にドライブして場が大変なことになるデッキです。
そのためドライブされる前に三銃士をこまめに除去しつつ、サイドカードのリゾネイターのシェヘラザードを設置。リゾネイターのシェヘラザードは宣言した種族の攻撃を封じる能力を持っているので、種族で固める三銃士のようなデッキには効果覿面です。
勝っただろうと思っていたらスサノオの着地を許し、あっさり爆散。
なんとか除去は切らさずに二体目のシェヘラを出すも、さらなるスサノオで爆散。
シェヘラの周りを固めていた六賢者のおかげでなんとかライフレースが有利になり、勝利。

対戦相手ロフさん
使用デッキドラキュラ

不滅持ちJルーラーに対処するカードが無いので、サイドカードのパープルミストに全てを頼る戦いです(そんなことはすっかり忘れて1ターン目にチェシャ猫を出しましたが事なきを得ました)。
なんとかパープルミストの設置まで成功し、こちらは全力で介護、向こうは全力でパープルミストをどかす戦いが始まりました。途中黒ゼロで飛翔を失いひやひやしつつも厚い介護力で押し切り勝利

対戦相手:すずさん
使用デッキ:ヴラドコン

過去に新潟の神はヴラドと対面した際に言いました。「ルーラー何?ブラド?投了で!!」
私は神じゃないので普通に対戦しました。
勝ち筋としては早々にメフィストを設置して殴り切るというものがありましたが、一枚目は当然カウンターで消滅。二枚目を出すころには忌まわしいライフちゅっちゅ能力により私のライフは出涸らしのようになっていました。敗北。

対戦相手:赤嘘さん
使用デッキ:裂開グリム

私が持ってきていたもう一つのデッキとの対戦(赤嘘さんにデッキの貸し出しをしていました)。
どうして裂開を入れてしまったんだと後悔しつつも尋常に勝負。
初手猟師クトゥグアから順調にライフを削られ、除去で対応しつつもあっという間にライフが3桁に。
ギリギリのところでカウンターを使ってなんとか耐えつつ、場に並べた六賢者で殴り切って勝利。

対戦相手:kitoさん
使用デッキ:光単グリミア

グリミアの効果もグリミアで装備できるカードの効果も完全に忘却の彼方だったので、何度も確認しながらおじいちゃんのように対戦しました。
早々に純真者の領域を発動されてしまったので焦ったものの、サイドカードのリゾネイターシェヘラザードの着地にこぎつけたのでとりあえずは安心。
おそらく今後宣言することはないであろう種族・化身を宣言し、ターンを渡すと神々しいイラストをしたアベルによってシェヘラザードは蒸発。
くじけずに二枚目のシェヘラを出すと、これも二枚目のアベルで蒸発。どうやらどこにいってもシェヘラは許されないらしい。
ジャッジメントしてきたグリミアを運よく抱え込んでいた異界の炎と天雷で落とすことに成功し、あとは六賢者含めたこちらのリソースでじりじりと盛り返して勝利。

対戦相手:?(スコアシートの写真を撮り忘れてしまい不明)
使用デッキ:緑単クリスティ

恐らくグリムクラスタ戦は初めての方のようでした。会場でカードプールの貸し出しがされていたので、そちらでデッキを組んでいただけたようです。
緑単のエルフデッキということで、フィーナという懐かしの種族強化カードなども登場。
こちらでもリゾネイターシェヘラを出したところ、普通にクリスティをジャッジメントされて消滅。やはり許されない。
並べられた小型のリゾネイターを黒ゼロで一層したのち、メフィストを設置してそのまま勝利。

対戦相手:ハセガワさん
使用デッキ:シーザー

こちらの方もグリムクラスタは初めての様子。シーザーってそもそもどういう効果だったっけと確認していたら、闇に蠢くものというとんでもリゾネイターが出てきて懐かしさで胃もたれしそうになりました。
存外に飛翔のリゾネイターが止まらず、半分以上ライフを削られるものの、何とかメフィストの設置による挽回が間に合って勝利。

対戦相手:ぬましゅうさん
使用デッキ:ジャンヌ

正当派赤ビートっぽさのあるデッキ。軽めの除去を序盤に引けていたのでライフに余裕を持った状態でこちらのペースに。
ジャンヌのジャッジメント時の破壊効果に引っかかる生き物がそもそも入っていないこともあり、そのまま勝利。
銀の杭と襲撃者の組み合わせで「ああ、あったなあ」となりました。
対戦後、赤嘘さんも交じって「グリムで最初に組んだデッキがそういうデッキだった」などの懐かしい話をさせていただきました。

対戦相手:soraさん
使用デッキ:ロフさんのドラキュラ

ロフさんのデッキをsoraさんが使用する形での対戦。ロフさんと対戦した時同様にパープルミストを介護する実質老人ホーム。
相手はパープルミストを何が何でも倒しに来るのでハラハラしながらパープルミストおじじを介護し続けました。なんとか二回目も介護しきって勝利。


かなり雑ですが対戦レポートは以上です。結果9勝1敗。
対戦いただいた皆様ありがとうございました。

普通にうっかり無理ゲーさんと対戦し忘れていましたが、無理ゲーさんが優勝なので大丈夫ですね



グリムクラスタの最初期からプレイしている身としては、こういったイベントに参加できて非常にうれしかったです。
主催してくださったKさんと無理ゲーさんには感謝の極み。パパゲーさんのこれからを応援しております。

実際遊んでみると私の持って行ったシェヘラコンと裂開グリム、ヴラドコンがいい具合に相性が三角関係になっていて面白いプールなのかなと思いました。遊ぶ前はヴラド一強に近い感じだと思っていましたが、実は裂開グリムに追いつけないとか、裂開グリムも実はシェヘラコンに抑えられてしまうとか、案外やってみないとわからないものだなと(この感想も正しいかわからないですが)。

今回はグリムクラスタでしたが、また時間が経って同じように『アリスクラスタ限定』だとか『ラピスクラスタ限定』のイベントが出来ると懐かしさも相まって面白いかもしれないですね。

長くなりましたが今回はこの辺りで

それではまた次の記事で



スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

綿

Author:綿
片田舎でFOWをプレイする神話マン。ひよこ

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。